EXPERT-CAD Ver.8.10 (エキスパートキャド Ver.8.10)

分類 2次元CAD
開発 株式会社OSK
製品ページ http://www.kk-osk.co.jp/news/data/2006050901.asp

■機能強化点
・全17項目、45コマンドの追加及び28コマンドの機能強化を行いました。
・作図編集機能
 ・図面比較(新コマンド)
  ・2つの図面を比較して、結果を色分け表示する図面比較(COMPARE)コマンドを追加しました。
・土工協セルフチェック完全対応(新コマンド)
 ・社団法人日本土木工業協会が推進しているSXFセルフチェック仕様に完全対応しました。回転ストレッチコマンド(STRETCHC)、回転寸法ストレッチコマンド(DIMSTRC)を追加し、円調整コマンド(CADJ)、寸法線変更コマンド(DIMDEF)を強化しました。
・SXF Ver3対応(SXF V3検定は現在受検中)(新コマンド)
 ・Ver3の主要機能である図面表題欄、属性付加機構に対応するために各種新コマンドを追加しました。属性付加機構により、2次元CADデータの高度な利用が実現されます。
・作図グループ、等高線の柔軟な編集(新コマンド)
 ・作図グループや等高線に対して、要素の追加/除去することを可能にしました。
・シンボル、作図グループの処理速度向上
 ・データ構造の変更、内部処理の効率化によってシンボル、作図グループの処理(読み込み、表示)時間を短縮しました。従来比で3~5倍の高速化が実現します。
・作図シート(レイヤ)の描画輝度設定
 ・編集対象となっている作図シート(またはレイヤ)に書かれている図形を明確に認識できるように、他の作図シートに書かれている図形の描画輝度を設定することが可能になりました。
・コマンド未実行時のモード設定
 ・要素ピックによる要素選択、右クリックによる編集系メニューの表示を可能にしました。
・画像のピック
 ・編集系のコマンド(複写、移動、削除など)において、画像をピックすることが可能になりました。
・文字反転(新コマンド)
 ・文字要素を鏡像反転させた状態で、連続線要素として分解する文字反転コマンド(TXTMR)を追加しました。
・点列指定分割(新コマンド)
 ・円を2つの円弧に分割する場合などに有効な点列指定分割コマンド(DIVEP)を追加しました。
・コンバータ機能
 ・Jw_cad Ver5データ(JWW)の読み込みに対応
  ・Jw_cad for Windows Ver5で作成したJWWファイルの読み込みに対応しました。
 ・XF Ver3データ(SFC,P21)の読み書きに対応
  ・表題欄や属性付加機構の情報を保持した状態でSXF Ver3データを読み込むことが可能になりました。書き出し時は、Ver2あるいはVer3どちらの形式とするかを設定することができます。

■価格
製品版(基本ライセンス、1本目):オープン
ライセンス版(増設用、2本目以降):オープン

EXPERT-CAD Ver.8.10導入工場 (全1件中 最近会社情報の更新があった5件を表示)

2次元CAD一覧

新規会員登録